赤胴鈴ノ助だい!  フルイね~

「えい!、やぁ!」
市内の避難所8箇所と各小学校へチラシを持って案内したところ、プログラム初日の5月3日には、約100人もの親御さんと子供達が集まってくれました。澄みきった青空の下、憩の家では、ALTの方々も交えて、剣道、折り紙、ごっこなど、地元の子供達と楽しい時間を過ごすことができました。
(ALTの方々は日本語もペラペラで、子供達の接し方も gööd ! ) 
お昼には、焼きそばやお好み焼き、これは欠かせないカレーライス、おやつにはお手製のポップコーンを口いっぱいに頬張って、こぼれんばかりの無邪気な笑顔が出ていました。

    (写真のお面の方の談、: いや~ イタイイタイ、 予想外のところに竹刀がくるもんな と)

お孫さんを連れて訪れられたおじいちゃんが、「こんなに元気に遊んで、笑った孫の姿を見たのは
久しぶりでした。ありがとう。」 と涙ながらにおっしゃっていました。

不思議なものですね、こちらが元気をもらったようです。^^