おつかれさまー!第4回心のふれあいサポート


9月23日から3日間の日程で、福島県相馬市の山上老人憩の家・清流荘において、「第4回心のふれあいサポート」を開催しました。
台風の影響も心配されましたが、当日は爽やかな秋晴れとなり、大勢の子供たちや親御さんたち、またALTの皆さんや相馬の方々に協力を頂いて、笑顔が溢れる楽しい時間を共に過ごすことができました。
今回の活動メンバーには、沖縄・渡嘉敷島研修会に参加した諸君と、このサイトを見て共感してくれた方も加わり、いつにも増して気合が入っていたようです。
以下は、活動を終えてバテ気味の、西久保理代(Michiyo Nishikubo)からの投稿です。



みなさん、こんにちは。
やっと秋の足音がきこえてきましたね。さらば猛暑。
台風とともに北上し、嵐のごとく子どもたちと遊び
嵐のように駆け抜けた第4回目の活動、無事終えました。


台風一過でイベントの間は快晴!
初日は「スキンシップ」をテーマにプログラム盛りだくさん。
2日目は、なんと川を探検しました。腰くらいまで浸かって
流れのないところをジャブジャブ。3日目は地元の青年団による縁日。
(何年ぶりかにワタあめ、屋台焼きそばを食べまくりました)
英語教員の外国人グループも来てくれました。
バテバテだったので3日目は、地元の方々におんぶ!モード(笑)


イベント前日には、土砂降りのなかでしたが、
小学校の校長先生を訪ね、11月の体育館使用を協力していただけることに。
また、中村2小の学童クラブを訪ね、一緒に体育館で走りまわりました。


今回はスタッフも多く、最高15人。輪が広がっていることが実感でき嬉しいかぎり。イベント後日に、各所へご挨拶、津波被災地域視察、相馬保育園訪問、大町病院訪問などなど事後活動も充実でした。


年は取りたくないですねー。来月のチラシ制作に取りかかろうと思いきやその前に、疲労回復せねば・・・・。スキンシッププログラムという名の、スパルタトレーニングプログラムだったので・・肉体疲労ハンパないです。

・・永遠の25歳乙女・・





2個のコメント

  1. おつかれさまで〜す!!
    あっきーです♪

    ぼんちゃん☆素敵です!!状況を素早く察知して行動にうつす姿、とってもかっこよかったです♪本当にありがとうございます。私にも何かお手伝いできることはありませんか?

    そしてSOSのみなさん、福島の子どもたちのために毎回ご尽力いただきましてありがとうございます☆私もsosのメンバーから力を頂いていていることを感じています。
    遠路はるばる福島においでいただき、どれだけの子どもたちが救われているでしょうね。
    私も、学校で福島県民のことを思い、活動して下さる方がたくさんいること、その活動の様子などを発信し続けていきたいと思います★

    また、みなさんにお会いできるのが楽しみで〜す!!

    あっきーでした〜!!

  2. ありがとうございます!
    福島県内のメンバーがいることはとても喜ばしいことです。
    地元でどんなことが起きているのか、こどもたちはどんな暮らしをしているのか、実際の声を聞けるというのは貴重なことです。
    今回あっきーに出会って、初めて知ることや感じることもたくさんありました。

    あっきーが、福島のいま 福島のひと を、メンバーへ伝えて、それをお土産にまたメンバーがそれぞれのフィールドに帰って、タネをまいていく。

    そんなつながりができていったらいいなあ。と、思います。
    お手伝いなんて、そんな(笑) しいていうなら、そういう、福島土産をたくさん配ってもらえれば・・・助かります☆

コメントは受け付けておりません。