2012年2月9日

現在、2012年2月9日 に投稿された記事の日別アーカイブを表示中です。

1月28日(土)・29日(日)
福島県南会津郡下郷町 湯野上温泉・大内宿

報告者: 西久保 理代


もともと雪はあまりふらない相馬も、この寒波でどっさり積っていました。
真っ白な相馬市内をバスで出発。一路、南会津、湯野上温泉へ。


会津もどっさり雪景色。
寒さもあり、雪はさらさらのパウダースノー!
雪のつめたさと、美しさに、二日酔い・・いや、バス酔い気味の
スタッフも大興奮!参加のこどもも大人もわくわくメーター全開!


今回企画を主動してくれた、飯豊小学校高橋校長先生が
以前着任していた江上小学校の校庭へ。
校庭は一面まっさらな雪のおふとん。
1m以上あったでしょう。


ぜーんぶ、好きなだけあそんでいいよ!ということで、はじまりました雪遊び。



おまちかね雪合戦。
雪合戦はいつしか、「雪プロレス」へ・・・・・・
タックル、倒れる、乗る、埋める、かける・・・・・壮絶な雪格闘技がくりひろげられました。
スタッフはほぼ全員、雪まみれの洗礼をうけたのでした。


かまくら作り。ここは特に、北国育ちのママたちが活躍。
コツを心得ていて、小さいながら、しっかりしたかまくらができました。


ミニ雪灯篭作り。
バケツに雪を詰めて押しかため、型ぬきしたら、横から穴をほり、そこにロウソクをともします。
白い雪にひろがる光が幻想的。


温泉であたたまり、夕食後の集いでは、参加者みんながひとことずつ今の想いを語りました。


翌日は大内宿で古い家の街並みを見学し、大きな雪灯篭作りに挑戦。
大きな雪の柱を削って、灯篭の形にしました。


お昼は自分たちでのして切った蕎麦をいただき、
自分で絵付けしたこけしをお土産に。


おとなもこどもも、おもいっきり雪国を満喫してきました。


SOSの企画へは初参加という人たち、いつも来てくれる人達
地域で支援をしてくれている人たち、そして全国から集まったスタッフたち・・・
いろんな人たちが強い絆でつながり、こうした時間を過ごすことができました。
本当に有難いことです。


「あたたかい」雪の思い出ができました。